Welcome to my blog

夢見月~Primavera~

いろいろ妄想中(´▽`*)♪

このサイトについて

『夢見月~Primavera~』へようこそ♪このブログは花より男子の二次小説置き場でございます。花沢類を心から愛する私の妄想が炸裂していますので、その辺の趣旨をご理解いただいたうえで閲覧いただければと思います。当然ながら、原作者である神尾葉子先生や出版社様とは一切関係はありません。内容によっては、原作設定を逸脱(ガン無視)しているものもありますが、そんなパラレルワールドも楽しんでいただけたら嬉しいです♡尚、...

類誕イベントのお知らせ♪

こんにちは。かなりご無沙汰しておりますが、皆様お元気でしょうか?私はリアル多忙(決してリア充ではないっ!)と花粉症にヤラれっぱなしの日々を過ごしております。毎年のことながら、やっぱキツイっすね"(-""-)"季節の変わり目はとかく体調を崩しやすいので、皆様もご自愛くださいませ。で、突然ですが、告知です!(他の類つくサイト様をご覧の方はもうご存知でしょうが…)3月といえば、我らが愛する『花沢類』の誕生日~♡と...

懐かしい響き

「…久しぶり、司。隣は…」『よぉ、類。』『類君!ひっさしぶり~!滋ちゃんのこと、覚えててくれた? って、つくしはいないの?』相変わらず遠慮のない声に、フッと肩の力が抜ける。司はともかく、隣の女…大河原、だっけ?…とはそんなに仲良くなった覚えはないんだけど。「つくしもいるよ。 でも、今ちょっと風邪引いてて…」『えっ?うっそぉ~! あの超健康優良児のつくしが風邪? 信じらんないっ!』「ここは日本じゃないか...

リーダーとして

「それじゃ、始めようか。」薄暗いミーティングルームにライアンの声が響く。と、何故かライアンはさっきまでの穏やかな表情ではなく、真剣な視線を俺へと向けた。「…何?」「『何?』じゃない。 君がプロジェクトリーダーなんだろう? さっさと始めたらどうだ。」「あ…」モニター越しの父さんと美作社長も同じように、ジッと俺を見ている。「それじゃ…」いつもとは違う雰囲気に少し戸惑いながらも、心地よい緊張感に背筋を伸ば...

思わぬ協力者

ダニエルの後ろを付いて行くと、リビングとは違う方向へと案内される。その背中に不穏な雰囲気はないけど、何だか釈然としない。「どこに連れていかれるわけ?」「ミーティングルームだよ。 主に、親族会議なんかで使われる部屋さ。」「そんな部屋に、俺が行っていいの?」「さぁね?けど、親父が呼んでるんだからいいんじゃない?」淡々とした物言いに、微妙な違和感を覚える。隣を歩く関の表情が幾分硬いのも気になる。「ずっと...

友達

「ふふっ…あなたもいろいろ大変ね。」「あ、はは…」背中越しに聞こえる声は楽しそうで、邪気はない。それに、久々に耳にした日本語はコロコロと鈴を転がすような、可愛い声。「それにしても、つくしの肌はほんとに綺麗ね。」「そ、そうかな…自分じゃよくわからないけど…」「なのに類ったら、こんなに痕付けて…ひどい男ね!」「え、っと…いや、それは…」それは、まぁ、何というか…合意のもとの行為なんだけど。まさか、類以外の誰か...