2016.03/03(Thu)

Be with you... 《Prologue》


『Be with you...』~君とともに~

【類×つく】だけど、そうじゃない場面もあり。
Capの短い篇もありますが、そこは大人の事情ということで((

話の途中にR表現を含む篇があります。
パスワード設定をしておりますが、好まれない方は飛ばしていただいても大丈夫です。
ストーリーの進行に支障はございません。



☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆



『道明寺、あたしニューヨークには行かないから。
 4年後いい男になって戻ってきたら、あたしがあんたを幸せにしてあげてもいいよ!』


あれから1年。
つくしは英徳学園を卒業した。
この激動の3年間を感慨深く思いながら、その門を後にした。

「ほんと、いろんなことがあったなぁ」

脳裏に去来する、英徳での思い出。
その中心には、いつも司がいた。
自己中で横暴で、周りなんてお構いなしで。
でも…優しくて。

4年なんてすぐだと思っていた。
でも。
この1年が、とてつもなく永遠に感じられた。
そして、それはつくしを疲弊させるには十分すぎる時間だった。


「もう…いいや…」

3月の空に、つくしの溜息が解ける。
本来、うじうじしてるのは性分じゃない。
ひとつ大きく伸びをすると、前を向き直り、その先を見つめる。
握っていた携帯を開き、電源を切ると。
それをゴミ箱に捨てた。

前に進むために。
つくしは、過去を『捨てた』…-。



テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

05:30  |  Be with you...  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT