夢見月~Primavera~

いろいろ妄想中(´▽`*)♪



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

聖

Author:聖
夢見るオトナ目指してます
いつまでも恋していたいね

・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。

二次小説を書いてます。
【花より男子】
花沢類がスキ♡(*ノ∀ノ)

他にもボルテージ系の女子ゲーネタで書く予定!

原作者様及び出版社様、ゲーム開発者様とは一切関係ありません。

無断転載や複製、配布は許可していません。

 あくまでも『二次小説』であることをご理解の上、ご覧くださいませ"○┐ペコッ


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


来てくれた人♪


今見てる人♡

現在の閲覧者数:


Ranking★


Countdown♡


Banner


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


Tranquilizer 19

フランスへ渡って半年。
類はパリ、つくしはアンティーブと、同じフランス国内にいながらも、お互いそれを知ることもなく時間だけが過ぎた。
毎日やりとりするメールには愛の言葉が溢れ、その想いは変わらないことが綴られている。

いつになったら会えるのか。

互いに同じ不安を抱えながらも、その存在に強く支えられていると感じる。
今を必死に耐えながら。
共にある未来を夢に見る。




二人の前に立ちはだかる『法の壁』。
類がその存在を知ったのは、フランスに赴いて間もなくの頃だった。

花沢の顧問弁護士からの言葉を、孝は類に伝えた。
そして、一言。

「お前が諦めるなら、つくしは私の手元に戻す。
 夫婦にはなれないが、家族でいられる道は残されている。
 よく考えなさい」

孝の言葉に、類は即答した。

「俺は諦めない!
 つくしは俺が幸せにする。
 法律なんてクソくらえだっ!」

珍しく声を荒げた類に戸惑いを隠せないアリーシャへ、類は躊躇うことなくこう告げた。

「この手の件に精通した弁護士を探して、連れてきて」




数日後、アリーシャは類に1人の男性を紹介した。

『クリストフ・ロベールです。クリスと呼んでください』

堂々とした風格の壮年男性が、にこやかな笑顔を浮かべ類へと手を差し出す。

『ルイ、彼は人権問題を専門とする弁護士よ。
 あなたたちの話をしたら、協力を申し出てくれたの』

アリーシャの説明に、類は小さく頷く。

『花沢類です。
 こんな厄介な事案にも拘らず、引き受けてくれてありがとう』

穏やかに握手を交わすと、類はクリスをソファへと促した。



『最初に言っておくけど、これはとても難しい事案だ。
 世界的に見ても、ステップファミリー間での婚姻は認められていない。
 過去に同じようなケースを見てきたけど、最後は皆諦めてしまった。
 結婚できなくてもいい、一緒にいられればそれでいい、と。
 経済的負担が増え、別れを選んだカップルもいたし。
 けれど、あなた方にはそんな選択をしてほしくない』

厳しい中にも愛情ある言葉に、類はクリスの目をしっかりと見つめ、言葉を返す。

『もちろん、俺はそんな選択はしない。
 絶対に彼女を幸せにする。
 どんなに時間がかかっても、絶対に』

その強い意思を、クリスも真摯に受け止めた。

『君の気持ちはよくわかったよ。
 ただ、みんな初めはそう言うんだ…絶対に諦めない、と。
 けど、かかりすぎる時間と進まない状況が彼らを疲弊させるんだ。
 だから、できれば相手の女性の気持ちも確認したいんだが…』

『クリス…今は彼女はここにいないの』

『それは知ってるよ。
 でも彼女の気持ちも聞かなければ、この話は進められない。
 どちらかに少しでも迷いがあったら、絶対にいい結果は出ないからね。
 だから、ルイ…君が許してくれるなら、私が彼女に会ってくる。
 そして、彼女の意思を確認してくる』

クリスの申し出に類は一瞬顔を顰めたが、しかたなくそれを許した。

『わかった…いいよ、会ってきて。
 でも彼女を好きになったりしないでよ?
 彼女は俺のだから』

類の物言いに、クリスは驚き、そして面白そうに笑った。

『ははっ!そんな心配はいらないさ。
 生憎、私は女性に興味がなくてね。
 どちらかといえば、ルイの方が魅力的だな』

『え…?』

『自分がこういう性質だからかな…愛し合う者同士が法の壁の前で屈してしまうのが残念でならないんだ。
 フランスでは私のようなセクシャル・マイノリティはPACS法で守られるようになった。
 けど、君と君の愛する彼女には今の法制度はかなり厳しいと思う。
 でも諦めないでくれ。
 必ず、認めさせるから』

『ありがとう…よろしく頼むよ』

『OK!早速明日にでも彼女に会いに行ってくるよ。 
 アリーシャ、彼女の住所を教えてくれる?』


新たな協力者を得て、二人の明るい未来に向けての一歩を踏み出した。

それがどれだけ厳しい茨の道であろうとも。
どれだけ気の遠くなるような時間が必要であろうとも。


ー 諦めない、絶対に。


そんな類の想いを胸に、クリスはつくしの元へと向かった。


☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆


皆さまからのコメントや拍手、本当にありがとうございます♪

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ






関連記事
スポンサーサイト

Tranquilizer | 2017/04/15 06:00 | コメント(2)




管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2017/04/15 18:13 [編集]


治**子様
こんにちはっ♪
はじめまして~(*^-^*)

このたびは突然の申請にも拘らず、承諾いただきましてありがとうございます(≧▽≦)
以前にもお越しいただいたことがあると知り、こちらも驚いております。
つかつくは読み専に徹していますが、ぜひ類つくも書いてください!
楽しみに待ってますね(〃艸〃)ムフッ

これからもよろしくお願いします♪
聖 | URL | 2017/04/16 11:20 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 +