夢見月~Primavera~

いろいろ妄想中(´▽`*)♪



Calender

10 | 2017 / 11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

聖

Author:聖
夢見るオトナ目指してます
いつまでも恋していたいね

・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。

二次小説を書いてます。
【花より男子】
花沢類がスキ♡(*ノ∀ノ)

他にもボルテージ系の女子ゲーネタで書く予定!

原作者様及び出版社様、ゲーム開発者様とは一切関係ありません。

無断転載や複製、配布は許可していません。

 あくまでも『二次小説』であることをご理解の上、ご覧くださいませ"○┐ペコッ


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


来てくれた人♪


今見てる人♡

現在の閲覧者数:


Ranking★


Countdown♡


Banner


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


I miss You ~Again~

こんにちは。


今日0時に公開した『I need You ~Again~』のつくしVer.になります。
どうしても、あのままじゃ寂しすぎて、思わず書いてしまった…って感じです(^▽^;)

私のリハビリを兼ねたお話なので、かなり拙い感じですが。
よかったら読んでみてください。


☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆


ねぇ、類。
あなたに会えなくなって、どのくらい経ったのかな。
移り変わる景色に、あたしの心は何も感じなくて。
ただただ、時間だけが過ぎていく。

春の桜も、夏の青空も。
紅葉の秋も、真っ白な冬も。

類が居なけりゃ、心なんて動かない。



静かに消えた、小さな灯。
あれだけ泣いたら、涙なんて涸れると思ってた。
痛みも苦しみも、一緒に流れてしまえばいい。
涸れるまで泣いたら、前を向こう。

そう思っていたのに。


上げた目線の先。
そこには見たこともない景色が広がっていた。
パパもママもいるのに。
ただ、愛しい温もりはそこにはなかった。



『悪いことは言わない…忘れるんだ』


パパの優しい声音に。
ママの苦しいくらいの抱擁に。
あたしの心は『違うっ!』と叫んだ。


あたしに返して!
あたしを、あの人の元へ帰してよ!


音にならない叫びが、また、あたしの心を壊した。




壊れたのは心だけじゃなかったと気付くのに、どのくらいの時間がかかったんだろう。
栄養も水も受け付けず、嚥下しては吐き出すことを繰り返した。
欲しくもない栄養を与えられ、何より欲しい『ソレ』が与えられない日々に。


心が…カラダが…この世に存在する『意味』を失ったんだ。





目を開けているのも億劫で、息を吸うのも面倒だ。
静かに開いた扉に人の気配がしても、疎ましいだけ。

ー もう、放っておいて…

そう思った瞬間。


フワリ。


心ごと包み込むような、優しい温もり。
それが誰かなんて、目を開けなくてもわかった。


ー …どうして?


音を発することを止めた喉に、チリッとした痛みが走る。
けど、それ以上に抱きしめられた体が…心が苦しい。


「やっと…見つけた…っ!」


抱きしめる腕の強さも。
鼻孔を擽る爽やかなトワレも。
鼓膜を震わせる、その声も。
頬に触れる柔らかな髪も。


すべてが愛しい…あたしの欲しい『モノ』。


「もう離さないから…だから、一緒に生きて…俺と」


目尻から一筋の雫が零れる。
涸れたと思っていたそれは、あたしの心を揺さぶる。


「…生きたい…類と、一緒に…」


掠れた囁きに、抱きしめる腕が緩む。
そして、唇に触れる、優しい温もり。



ゆっくり目を開ける。
それまでモノクロだった世界が、一瞬にして色を放つ。
あたしを見つめる薄茶色の瞳がゆらゆらと揺れていて。
泣き顔も綺麗な王子様だな…なんて、ぼんやりと思った。



Fin.


☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆


皆さまからのコメントや拍手、本当にありがとうございます♪

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ






スポンサーサイト







管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2017/06/13 07:34 [編集]


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2017/06/14 00:34 [編集]


み**ゃん様
こんばんは!
ご無沙汰してしまって、すみませんでした。

何だかぼんやりとした話になってしまいましたが、やっぱり類につくしを見つけてほしかったので書いてみました。
私もちょっとホッとしています(笑)

これからちょっとずつ更新していきますので、よろしくお願いします。
ありがとうございました!
聖 | URL | 2017/06/14 21:14 [編集]


ず*様
こんばんは!
ご心配をかけて、すみませんでした。
ちょっとずつ調子を取り戻していきますので、もう少しお待ちいただければと思います。

私の心なんて、そんな大したもんじゃないですよ(笑)
でも、『need』の方を書いたのは調子を崩す前だったので、もしかしたら前触れだったのかもしれませんね(-_-;)

まだゆっくりな更新になると思いますが、また来ていただけたら嬉しいです。
ありがとうございました!
聖 | URL | 2017/06/14 21:20 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 +