夢見月~Primavera~

いろいろ妄想中(´▽`*)♪



Calender

10 | 2017 / 11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

聖

Author:聖
夢見るオトナ目指してます
いつまでも恋していたいね

・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。

二次小説を書いてます。
【花より男子】
花沢類がスキ♡(*ノ∀ノ)

他にもボルテージ系の女子ゲーネタで書く予定!

原作者様及び出版社様、ゲーム開発者様とは一切関係ありません。

無断転載や複製、配布は許可していません。

 あくまでも『二次小説』であることをご理解の上、ご覧くださいませ"○┐ペコッ


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


来てくれた人♪


今見てる人♡

現在の閲覧者数:


Ranking★


Countdown♡


Banner


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


vacances d'été スピンオフ① -聖-

summer_off_03.jpg



スピンオフ①









沖縄旅行から半年後。

「いよいよ明日、か」
「うん。やっと明日だよ」
「準備はバッチリ?」
「たぶん問題ないと思う」
「そっか…ま、でもよかったじゃん。結果オーライだろ」
「つくしは死にかけたんだよ?まぁ、災い転じて、って感じだけど」
「しっかし、類クンがパパとはねぇ…」


メープルホテル、最上階のエグゼクティブスウィート。
無駄に広いその空間に集う、男3人。
独身最後の夜を盛大に祝おうと、幼馴染が言い出したバチェラーパーティ。
俺的には早々に寝て、明日に備えたかったのに。
チラリと見遣る扉―その向こうではつくしがスヤスヤと寝てる―に小さく溜息を吐く。


つくしが妊娠したのがわかったのが3ヶ月前。
たぶん、いや絶対にあの洞窟でヤッた時にデキたんだろう。
琉球開闢神話の神様の恩恵か、はたまた、たまたま危険日だっただけなのかなんて知らない。
けど、つくしのお腹に俺の子供がいる―それは何とも言えないほど、嬉しかった。
つくしはかなり驚いてたけどね…まぁ、でも喜んでたよ。

うちの両親も、牧野の両親も、喜んでくれて。
進は『俺、叔父さんになるのか…』ってちょっと複雑そうな顔してたっけ。
幼馴染のコイツらに話したら、何か爆笑された…ちょっと心外なんだけど?
でもちゃんと『おめでと~!』って言ってくれたからいいことにする。

で、速攻で入籍して、結婚式の算段して。
え?プロポーズの言葉?
そんなの教えるわけないじゃん。
どうしても知りたかったらつくしに聞いてよ。

…話、戻していい?

式の準備してたら、司が『うちのホテル使え』って無理矢理スケジュール空けてくれて。
いろいろ張り切って準備してくれてたみたいなんだけど、アイツっていろいろ常識外れなとこあるじゃん。
恥ずかしい演出とかさ…ゴンドラ?あんなの、今時やらないよね。
司の案はほぼ却下して、つくしがやりたいことを優先して決めた。
あきらと総二郎も、何だかんだで手伝ってくれてさ。
ほんと、アイツら、お人好しだよね。

つくしは年度末で一旦退職、落ち着いたら復職したいっぽいけど、それは保留にした。
だって、つくしだったら、きっと家事も育児も仕事もがんばっちゃう。
そういうつくしも好きだけど、でもやっぱ一番は俺でしょ?
忙しすぎて放っておかれるとかあり得ないから!
つか、俺が放っておかないんだけど、それでつくしの負担を増やすのはヤだから。
だから、暫くは俺と子供のことだけ考えてて、ってお願いした。
ちょっと困ったみたいに笑ってたけど、最後には『ありがと』って言ってキスしてくれたよ。


今日が独身最後の夜(入籍済みだけど)だって言われても、ちっとも寂しくなんかない。
だって、明日は人生で一番幸せな日になるし、これからもっと幸せになれるんだから。


「おーい、類!嫁さんが恋しいのはわかるけど、俺らのこと放置すんのやめてくれよ」
「そうだ!そうだ!ったく、人生勝ち組みたいな顔しやがって!」
「ん?つくしが恋しいのは当然でしょ。言っとくけど、つくしに手出したら…」
「ハイハイ…そのセリフ、もう散々聞いたから」
「花沢を敵に回してまで、牧野に手出そうなんて思わねーから!」
「そ?わかってるんならいいけど」
「つーかさ…洞窟エッチって、どんな感じ?声、かなり響くだろ?」
「そうそう!それ、聞きたかったんだよな!」
「…え?」

一瞬、あの光景を思い出す。
薄暗がりに浮かぶ白い肌…波の音すら聞こえなくなるほど艶っぽい嬌声…
あの時のつくし、ほんと可愛かったな…。

クスッ

「…教えない」

「類…お前、その顔やべぇ…」
「ああ…その顔だけで何かイロイロわかった気がする」
「うん…あ、そろそろ帰ってくれない?俺、つくしのとこ行きたいから」
「はぁ?おま…何言って…」


バンッ!!


「いい加減にしてっ!うるさくて寝られないじゃない!」

「「「す、すみません…」」」


仁王立ちの妻、花沢つくし。
彼女がいる限り、花沢物産は安泰だ(たぶん)。





おしまい♪


↓おまけつきです♪
web拍手 by FC2


☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆


皆さまからのコメントや拍手、本当にありがとうございます♪
現在、ブログランキングは休止中。
定期的に更新できるようになったら再開する、かも?

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ






関連記事
スポンサーサイト





聖様
お話ありがとうございます♡
出た!
洞窟ベビー
すごい。なんか生まれる前から既に神々しいですね。
にしても、みんながお祝いに集まってるのに、
つくしのそばに行きたがる類くん、
子どもが生まれたら、つくしとめぐってバトルがはじまりそう( *´艸`)
仁王立ちするつくしがシーサーのようでオモロカッタデス。
小話3回読みましたが謎解けず。
「わるい、つくし、して」としか解読できませんでした。
聖先生答えお願いします。m(__)m

さとぴょん | URL | 2017/08/29 15:47 [編集]


さとぴょん様
お返事が遅くなりまして、本当に申し訳ありません!
お約束のスピンオフ…第1話でソレっぽいことも書いていたので、これもアリかな?と(笑)
類君は相当な親バカになりそうですよね( *´艸`)
そんな類君がみんな大好きなんだと思います♪
小話の方はまだ解読できていませんか?
ヒントというか、答えというか…。
つくしの手紙は類に宛てたもので、6行の最初の一文字を。
類も同じく。
最後の5行も、頭文字を拾ってみてください。
これでわかるかな?(笑)
残り数日ですが、楽しんでいってくださいね♪
ありがとうございました(´▽`*)

聖 | URL | 2017/09/03 13:43 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 +